前へ
次へ

インターナショナルスクールに通いたいなら

インターナショナルスクールに子どもを通わせようか検討しているのであれば、その前にプリスクールに通うのがいいでしょう。
インターナショナルスクールに通っている子ども達の多くが、プリスクールに通っていたからです。
プリスクールと聞くと、英語だけを習うようなイメージがありますがそうではありません。
確かに外国人教師が担任なので、通うことによって子どもの英語力が格段にアップしますが、それだけではなく知育や理数教育もしっかり行うという特徴もあります。
さらにマナー教育やロジカルシンキングを積極的に取りいれているプリスクールもあり、それらのスクールを卒業した子どもの中には、名門小学校に合格した子もいます。
したがって日本のプリスクールはどちらかというと、保育園というより幼稚園に近い形態になっています。
保育時間は日本の幼稚園のように13時から14時までで、1日4〜5時間程度保育することになります。
週4〜5日の通園が基本となっており、10名程度の少人数で保育を受けられます。

デジタルで世界を変える新しい組織

建設業界のデジタルトランスフォーメーション
巨大な業界を変えるITという新技術を駆使しています。

建設業改革のブラニュー

オンラインの施工管理サービス
事務所で施工書を作らなくていいから過重労働抑制に取り組んでいます。

ブラニューの人材採用情報

Page Top